スポンサードリンク

2020年02月10日

追い出し屋って本当にいるのでしょうか

家賃を払わない人にはどうしたらいいのでしょう。
大抵の人は催促するとすぐに支払ってくれるのですが
たまに、何カ月も未払いの人が出ます。
そもそも連絡が取れない(居留守を含む)結果、
どんどん滞納金が膨らんでいくのです。

たまに会えたとしても、
色々な事情を並べ立ててのらりくらり…
そのうち双方が感情的になり、事態は悪化。
対応がエスカレートしていきます。

住居の入口の扉に、他者の目にも触れるようわざと
「家賃未払い」などと書いた張り紙や督促状を貼り付けたり
入居者の不在中に合鍵で中に入り、承諾もなしに家財を処分したり
後日、滞納分の全額を支払っても家財の返品や賠償をしない。
玄関の鍵や錠前を勝手に交換もしくは追加し、
入居者が入室できないようにし、住居から締め出す。
などなど…

しかし、たとえ未払いが事実であっても、
こういった行為は名誉毀損罪に該当するおそれがあるし
住居侵入罪や窃盗罪、法に触れる犯罪者になる可能性があります。

家賃を支払わないことは契約違反ですから、
その点を責めることは妥当ですが、
「家賃を支払えない人には何をしても良い」
ということにはなりません。

そこで、第三者にやってもらうのがよかろうと
プロの「追い出し屋」に依頼するのです。

追い出し屋(おいだしや)とは、日本の組織。賃貸住宅の家賃を滞納した入居者に対し、違法な嫌がらせ行為により、強制的に退去させることを生業とする者をいう。合法的な強制執行をサポートする「執行業者」とは異なる。
(以上Wikipedia より)

バブルの時には多かったそうですが、今もいるのでしょうか?
表立っては出てきませんが、今もいるようです。
やることは上にあげたことと大差ないから
どこか犯罪の匂いがしてきます。
実際に「追い出し屋」に住居を追い出された人によると
血も涙もないやり口だったとか…


幸い、そこまでひどい滞納者に遭ったことがないため
「追い出し屋」を検索することはありませんが、
もしもの時のために、
対策は考えておきたいものです。






posted by もんく at 15:58 | TrackBack(0) | 敷金・家賃のトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

宅配ボックスの需要が高まってる

インターネットで商品を購入することが増えました。
便利なのですが、
配達の時に在宅しなければならないのがネックです。
防犯意識の高まりで、単身者と高齢者を中心に
本当に宅配かどうか疑って居留守を使う人が増えています。
不在連絡票で荷物を確認してから
再配達で受け取るケースも増え
宅配便のドライバーを苦しめています…

宅配ボックスの設置をしてみませんか?

という内容のメールがきました。
管理会社から(^^;)


導入のメリットは以下の通り。

最新式コンピューター制御タイプ
オーナー様の手を煩わせません!
24時間365日電話サポートも無料!
さらに無料メンテナンス付き!
業界初の防滴タイプもあり、
共用部が少ないアパートにも置けます!

ビックリマークがいっぱいついていました(笑)

「宅配ボックス」は
物件検索サイトのキーワードで急上昇中なのだとか。
既存入居者様の満足度アップと
入居者入居促進対策に宅配ボックスを設置するよう
しつこく促していました…

はああ。
Wifiの次は宅配ボックスかぁ…(^−^;)
アパート経営もネットが圧迫してきますね…
検索に引っかからないと
部屋を見てももらえない…



費用はどのくらいかかるのかと読み進めると
最期に一行

月額9000円から。別途工事費100,000円から

ですって!

冗談じゃない!!
どうしてこんなに高いの?!






posted by もんく at 17:52| 空き室対策いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

初仕事

穏やかなお正月でした。
学校も3学期が始まり
通勤の電車内にも活気がもどってきました。
すっかり平常ダイヤにもどったところで
さっそく、電話が入りました。

お風呂場の換気扇が動かないと…

最近、平成ハイツの修理が増えてきています。
気がつけばもう築30年ですからね。
耐用年数はとっくに切れています。
部品もすでに在庫が無く、
胡椒部分が電気系統の場合は
そっくりそのまま交換のことが多いです。

修理を依頼した業者からの電話で
今回も新品に交換することになりました。
新年早々の出費です。




posted by もんく at 21:28| 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする